楽天モバイル

1年無料が終了!プラン料金3ヶ月無料キャンペーンスタート!【楽天モバイル】

こんにちは、まさやです。

2020年4月7日をもって、楽天モバイルの1年間無料期間が終わりましたね。

ずっと迷っていたけど終わる前に滑り込みで楽天モバイルを開始した方もいれば、

今もまだ楽天に迷っている方も多いのかなと思います。

 

悩める女の子
1年無料が終わってもまだメリットあるのかな??

 

そんな悩みにお答えします!

 

本記事の信頼性

携帯販売暦5年の実績を持ち、実際にこのブログに相談に来て頂いた多くの方々から料金が安くなったとのご連絡を頂いております。

携帯販売で培ったノウハウを惜しみなく赤裸々にアウトプットします!

 

この3ヶ月間無料キャンペーンの間に契約しておこうと思う方は、前回の1年間無料キャンペーンの突然の終了のようなことがないよう、お早めに申し込みをすることをオススメします!

『楽天モバイル』公式ページはこちら

 

1年無料キャンペーンが終了してもメリットはある?

結論、メリットはあります。

理由は以下の通りです。

今から楽天モバイルを契約するメリットとメリットの出る人

  • 3ヶ月間の利用料金無料
  • 契約時の事務手数料無料
  • 解約時の手数料もなく、縛りもなし
  • 新しい新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」
  • 今よりも料金を下げたい3大キャリア利用中の方
  • 現在副業をしている方

まず、順番に説明すると、3ヶ月基本料金無料

 

ここに関しては、正直今までの1年間無料に比べるとメリットが減ったイメージはあると思います。

ただ、契約時の事務手数料無料、そして、解約時の手数料もかからない楽天モバイルはやはり強いというのが僕の見解です。

上記3つはざっくりですが、下記3つを次の章で詳しく説明していきます。

 

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」という新しいプランの概要とメリット

まずは、この進化したプランの内容について。

今までも今回も楽天モバイルからはプランは一つのみ。ここは変わっていません。

前回の「Rakuten UN-LIMIT V」では、月額2,980円(税込3,278円)これが1年間無料キャンペーンというものでした。

ただ、ここに関してはデータをどれだけ使っても1年間無料が終わったら基本料金が最低でも3,278円かかるというものです。

正直この状態だと1年後には解約が一気に入るんだろうなと元携帯ショップ店員の僕としては思っていました。

しかし、今回の新しい「Rakuten UN-LIMIT VI」ではデータを使う人使わない人で料金が自動で変わるプランとなっています。

 

Rakuten UN-LIMIT VI 概要

  • データ利用料0〜1GB未満までは「0円」
  • データ利用料1〜3GB未満までは「980円」(税込1,078円)
  • データ利用料3〜20GB未満までは「1980円」(税込2,178円)
  • データ利用料20GB以上超過分全てで「2,980円」(税込3,278円)
  • 「Rakuten Link」というアプリを利用し、国内通話かけ放題(料金込み)

料金プランとしては非常に分かりやすいですよね。

 

つまり、データを利用しなければ3ヶ月以降も無料で利用できるわけです。

これが先ほど言っていた、三大キャリア利用の方にとっても良い部分なんですが、さらに良いのはその後の相談等が店舗もネットもOKということ。

もちろんネットで購入して恩恵をたくさん受けたほうが良いと思います。

「三大キャリアのオンライン専用プランでも料金はそこまで変わらないじゃん」と思う人も多いと思います。

ただ、三大キャリアのデメリットでもあるオンライン専用プラン。

オンライン専用ということは、困った時も全てオンラインです。店舗で聞けないわけです。

ここが楽天モバイルとの違いかなと思います。

副業している方で、自分のプライベートのスマホと分けたい方にもとっても便利ですよね!

通話無料でさらに固定費なく家でWi-Fiで利用しつつ電話番号をもう一つ持てる!そんな使い方を僕は現在しています。

 

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」(楽天モバイル)のデメリット

いいところだらけの楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」ですが、もちろんデメリットもあります。

Rakuten UN-LIMIT VI デメリット

  • 楽天エリアが狭く田舎に不向き
  • パートナー回線(楽天エリア以外のau回線)は5GBまで
  • さらに5GB以降は1Mbpsの低速利用
  • Rakuten Linkの利用が必須(通常の電話は通話料金発生)

楽天エリアは正直まだまだ、狭いです。

僕の住んでいる田舎でもエリアになっておらず、パートナー回線です。

デメリットの一つとなってしまうかとは思いますが、実はこの1Mbpsでも利用は可能です。

どのくらいこの速度制限状態でも利用できるかは下記動画を参照下さい。

 

 

さらに、Rakuten Linkですが、音質はどうしても通常3大キャリアの通話に比べると音質は落ちます。

ただ、聞けないレベルではないですし、普通に僕は通話で利用できています。

一番の問題は、アプリという部分です。

アプリのため、たまにアップデートがあります。アップデートをしていないとうまく繋がらなかったり、相手の通話を受けれない等の不具合が発生します。アップデートさえしっかり忘れなければ、特にデメリットにはならないかなと感じています。

 

まとめ

まとめると、1年無料キャンペーンは終わってしまいましたが、3ヶ月基本料金無料がついているため、その間にデータをどのくらい使っているのか等は確認が取れます。

もし、今利用しているキャリアよりも安くなりそうと思った方は固定費を安くするチャンスです。

申し込み手数料も解約手数料もかからないのであれば試してみる価値はありです!

利用者が増えているのが目に見えて分かるスピード感を持っている「楽天モバイル」まずは、格安にする一歩を踏み込むのも良いのではないでしょうか。

 

『楽天モバイル』公式ページはこちら

 

もし、申し込み方法等分からないなどがあれば、コメント欄や、お問い合わせ、TwitterDMなどでも対応致しますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。

 

楽天モバイル自体のメリットデメリットについてはこちらから!

楽天モバイルのメリットデメリットとは?【UN-LIMIT2.0】

 

次の記事も合わせて読むとさらに節約力が上がりますよ!

こちらもCHECK

キャリアはそのままスマホ料金を下げる方法【裏技・動画付き】

こんにちは、まさやです。 この記事では、携帯販売業界5年経験した僕、「まさや」が実際に利用している方法です。 こんな方法もあるんだなと納得していただける内容になると幸いです。 乗り換えしないで、なんと ...

続きを見る

 

-楽天モバイル

Copyright© まさや楽天塾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.